高校生が視察学習に来てくれました!


 今日は、私の母校でもある(正確にいうと、もともとの母校がもう一校と統合してできた高校)種子島高等学校の生徒たちが、島内視察研修として来訪されました!

 

来訪したのは、写真の商品を製造している生物生産科の生徒30名と先生3名。

 

事務所の拠点である休校中の鴻峰小学校に設置している「生物活性水プラント」や、第二交流農園、農園メンバーの畑を見学して帰られました。

 

第二農園まで行くのに、大型バスでは無理なので、学校からテクテク歩いてもらいました。

 

生姜山集落の中を、高校生がたくさん歩いている姿というのは見かけないので、通りすがりの近所のおばあちゃんが、「今日は賑やかやなぁ」と喜んで挨拶を交わしていました♪

 

若者がいると、やっぱり元気をもらえる気がします(笑)

 

 

 途中の説明なんて聞き飛ばしてくれててもいいので、最後に、島育ちの先輩として、「卒業していろんな経験を積んで、島の活性化のために帰ってきてね!」と強調したことだけ、どこかで思い出してくれたらいいなと思います。

 

来年は、高校生とも何か取り組みをしたいと思っていたので、いい機会をいただけました。

 

視察学習のコースに入れてくださってありがとうございました!

(視察での説明をしていたので、写真を撮影できなかったことが残念です。。。)

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    sako (土曜日, 02 11月 2013 05:14)

    以前 生姜山にパッションのゼリーを作る会社が進出したことが。横浜でババナとかパッション作る人も~西之表 ひかり農園見学に行ったことが、停年になり始めたとよ と。