表彰式に参加しました!

 去る10月10日長崎県佐世保市で行われた『全国過疎問題シンポジウム2013in長崎』にて、優良事例表彰の受賞式が行われました。

 

 中割校区長を10年務める南操代表理事がステージ上で緊張した趣きで賞状を受け取り、正面の見据えて一礼したときには、なんだか鳥肌が立ちました!

 

この短期間に、こんな舞台に区長が立っているなんて!

 

ほんとにたくさんの方たちの暖かいサポートあってこその成果だと思います!

ありがとうございます!

 

 翌日11日には、4つの会場に分かれて分科会が行われ、私たちは五島での分科会にて他受賞団体4団体と一緒に事例報告を行いました。

 

時間に焦ってしまった私は、消化不足な発表になってしまったことが残念でしたが、他団体の事例から、今後の参考になる刺激を受けたので、とってもいい機会となりました。

 

特に福島県喜多方市「会津山都そば協会」の取り組みと開催場所であった上五島町で活動している「若松ふるさと塾」は、30年近く継続して活動している団体でした。

 

どちらの団体も、継続するための後継者育成に熱心に取り組まれており、「今」の取り組みが「未来」を支える人づくりに繋がっていました。

 

「高齢者が生きがいをもって、まずは地域に誇りを持てるように」と始めた取り組みですが、ここから継続していくために、新しい若手を巻き込める仕掛けづくりも意識していこうと再認識したところです!

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    sako (火曜日, 22 10月 2013 02:14)

    南さんならだよね。感動 また うれしい。会津の山都のソバ食べたことあります、山菜が有名です。近くでダム建設で4年いました今頃~紅葉がいいです。台風が心配ですが・・・・種子島いりです。

  • #2

    なかわり生姜山農園事務局 (火曜日, 22 10月 2013 09:40)

    ≪sako様 ありがとうございます。山都蕎麦食べたことがあるんですね!台風は、なんだかいやなコース予想です。お気をつけていらしてください。