南日本新聞コラム夏編掲載!


 南日本新聞にて、9月27日から3日連続で、『ふるさと再発見』のコラムにて『ショウガで地域再生 なかわり3年目の挑戦』の夏編上・中・下が掲載されました!

 

夏編は、土作りアドバイザーの本間光義先生、土作りの要となっている「生物活性水」の管理者であり農園理事の田仲勇さん、そして現在冬のギフトセットの商品開発に取りくんでいるデザイナーの新畑幸一さんが登場してます!

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    sako (水曜日, 02 10月 2013 20:51)

    夏の酷暑、で大変だったと思います。かっての賑わいがウソのような校区
    生姜ブームいいよね。関東種子島会で石原先生と会いました大勢の人で、わずかな時間でしたが、10/23~26島の温泉で骨やすめです。

  • #2

    なかわり生姜山農園事務局 (木曜日, 03 10月 2013 13:47)

    《sako様
    いつもお世話になっております。関東種子島会に参加されたのですね。種子島に来られた際には、ぜひお立ち寄りください。土日祝はお休みです。