植え付け準備本格化!

 快晴の土曜日(2月23日)、4月に植え付けを行う交流農園に堆肥をまくという作業を行いました!

 

実は、23年度から24年度になるときに、交流農園の規模を4倍にしましたが、各農家さんの負担が大きくなり、台風時の防風対策などが後手にまわったという反省点をふまえ、25年度は、交流農園の規模を縮小することにしました。

 

その分、各農家さんがそれぞれの生姜畑の規模を拡大します。

 

 

 そんな、25年度交流農園は、無理なく1反ぐらいの広さに。

 

狭くなったとはいえ、堆肥を人力で撒いていくのはやはり大変です。

農園メンバーが朝から集合して、トラクターで小さく積まれた堆肥の山をスコップなどを使って広げていきます。

 

腰と背中がきつくなって、いたるところでのびをしながらなんとか昼までには約10tの堆肥をまきおえました。

 

 

 

 

 お茶タイムを挟んで、中割キッズたちも作業に加わってくれました。

 

その間に、午後からの活性水散布に向けて準備するメンバーと分かれての作業になりました。

 

500Lのタンク4つ分。2tの活性水を撒きます。

 

 

 タンクに入れて、畑まで運んできたら、あとはポンプで一斉に散布していくので、1時間ぐらいで終了!

 

 

 4月の植え付け前には、再度鶏糞を撒く予定なので、それまでは、土の中の微生物たちに、土作りをお任せします。

 

どんな畑に仕上げてもらえるか、機嫌よく活動してくれることを願います!

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    2013-001 (月曜日, 25 2月 2013 20:41)

    お疲れ様でした^^