農園メンバーの畑めぐり

 先週土曜日(10月20日)に、なかわり生姜山農園メインメンバーで、市からマイクロバスを借り、プチ視察に出かけました。

 

 

 最初の行き先は、500頭もの牛を飼っている坂元牧場が新しく建設した「家畜排泄物処理施設」。

 

 

 

 今年の第二農園には、ここの堆肥を使用しました。来月の収穫が終わると、次年度の土づくりのための期間に入りるので、その前に、新しくできたという堆肥がどんなものか皆で見にいったというわけです。

 

昨年までと違い、さらさらの完熟堆肥ができていて、撒くのもかなり楽になりそうです!!

 

 

 堆肥を確認したあとは、皆でそれぞれの生姜畑を見に行きました。

 

 今年は台風の当たり年だったこともあり、畑の場所や植え付けや土寄せ、追肥、活性水散布などのタイミングにより、出来がかなり違いました。

 

それらを各畑の主に確認しながらあーでもないこーでもないとお互い情報を交換します。

 

 

 この写真の畑は村山実さんの畑で、風が結構当たり、台風の被害を大きく受けたことで、背丈が低い生姜になっていました。

(第二農園も同じです)

 

 

しかし、掘ってみるとそれなりに生姜が太っていたので、一安心。

ただ、土をあげ過ぎじゃないかと指摘が入ったり、皆自分の畑の順番が来ると気持ち緊張した面持ちでした(^^)

 

 

 そして、一番立派な生姜畑になっていたのは、最高齢80代の栗崎さんという女性の畑です。

 

生姜山集落の中で、唯一生姜作りを行っていた方だったので、さすがベテランという感じでしたが、その栗崎と並んで立派な生姜を育てていたのが南操区長!

 

 区長は、一番最初の台風の被害に合い、「うちの畑はダメになったから」と半ば諦めモードで、ほぼほったらかしに近い状態だったというわりに、かなり立派な生姜ができていました。

 

 よくよく話を聞くと、植え付け前の土づくりの段階で、他の人の倍近い牛糞堆肥を入れていました。

もちろんその堆肥は、自分で飼っている牛の堆肥ということで、いい形で循環させています。

 

あっぱれ区長!!さすがです!!

 

 

他の方の畑も紹介したいので、またマイジンジャーの出来と一緒に紹介いたします!!

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    長野 まさいく (金曜日, 02 11月 2012 21:47)

    やはり土作りですね!
    「よい作物は土作りから」って良く聞きますが、実証されましたね♪
    今度、べんきょーに行きます!
    よろしくお願いします!

  • #2

    地域おこし協力隊 遠藤裕未 (水曜日, 07 11月 2012 16:25)

    長野まさいく様

    ほんとに、土作り大事だね。まだ始めたばかりなので、「実証」ってほどは言えないけど。。。

    こちらもまだまだ勉強が続きます(笑)