なかわり野菜宅配始動!

 かねてから計画していた「なかわり野菜」を島外の希望者へ宅配するという取り組みが始動しました!

 

 生姜山集落の地名に由来のある「ショウガ」栽培を軸とした地域おこしにチャレンジし今年で2年目ですが、ショウガ栽培に関われない高齢の方たちが少しでも参加できる取り組みも行いたいという想いからスタートしました。

 

 

 なかわりに住む高齢者の多くは、この種子島の恵まれた気候と土壌、そしてなかわり独特の霧が発生する環境の中、季節ごとの野菜を上手に作っています。

 

その野菜たちは、ほんとうにおいしくて、野菜本来の味を堪能できるものばかり。

 

ただ、家庭菜園レベルで栽培しているので、そんなに量がありません。

 

 

 そこで、今回は、種子島ふるさと応援隊(種子島出身で、現在は島外に住む出郷者がメンバー)限定で、トライアルスタートという形にしました。

 

 まずは、生産者の方達が、どれぐらいのペースで出荷していけるのか、そのような状況を見ながら、一般申し込みの受付をスタートしたいと思っています。

 

 

 ふるさと応援隊新聞で告知募集をしてもうすぐ2週間が経ちますが、感激してお電話を下さる方もいらっしゃいました。

 

 こういった形で、ふるさと種子島とつながれることが、出郷者にとって嬉しいことであると同時に、地元種子島の高齢者のやりがい作りにもつながっています。

 

 現在、参加される高齢者は、自分の無理のない範囲で、いつもより多めに作ってくれています。最初の発送がどんな中身になるか、今からとても楽しみです♪