循環と活性と…1

ずいぶんと収穫から日が経ってしまいました。

スミマセン…

 

土づくりの本間先生指導の元、収穫までに幾度か農園に散布した生物活性水。

生物活性水とは何か?と問われると、ちっと困ってしまうのですが…

 

畜産の排泄物や残さなどを、バクテリアがエサとして分解する自然の自浄作用を利用した、生き物に良い水(生物活性水)や発酵堆肥を作り出す技術で、化学肥料や農薬を使用せず、身近な地元資源を活かした循環型農業で栽培を行う「生姜山のしょうが」には不可欠な技術です。

 

 

本間先生のバイオリアクターシステムの講義ののち、実際にシステムを構築していきます。

 

集落のあちこちにあった不要のサイロを集めて、ベタ基礎の上に仮置き。

サイロは薄いFRP製なので、余計な力を加えて割らないように気を付けて動かします。

 

 

 

リアクターの製作。

ふつうのゴミ箱ですが、加工すればりっぱなリアクターです!

 

配管とリアクターの設置。

4つのサイロを配管で接続し、炭、レンガ、珊瑚石を層状に入れたリアクターを底部に設置、ここで家畜の糞尿などを原料にばっ気(微生物群に必要な酸素を供給するための攪拌操作)し、微生物によって精製された酵素を大量に含んだ液を作ります。

まだまだ、つづく…