「生姜山のショウガ」植え付け完了

前日まで天候不良で、予定通り行えるかどうかかなり微妙でしたが、第一弾「しょうがの植え付けイベント」無事実施されました!
午前10時に、休校中の鴻峰(こうのみね)小学校に集合!近隣住民を含む約30名の農園サポーターに参加していただきました。
まずは区長さんでもある実行委員長の挨拶からスタート。

天気が悪くて、事前に準備出来ていなかった畝立てを懸命に行う副委員長。

 

 

そうこうしている間にも、農園サポーターの方々がテクテクと農園に到着。

畝立てを待つ間に、種ショウガを各々袋に詰めて植え付けの準備をしておいてもらいましょう。

植え付けの指導に回るプロジェクトコーディネーターのEさんは大忙し。鹿児島テレビ放送のNさんがテレビカメラでその様子を追います。

役割を分担して、植え付けをしているのですが、5畝と決して広くない畑に30人の農園サポーターが入ると、作業はあっという間に終わります。

 

 

ほんと、アッという間!

植え付け完了後に、これまた人数のいる内にということで、鹿よけのネットを四辺に張り巡らせました。鹿をショウガが食べるということは無いようなのですが、芽が出た際に、引っこ抜いたりイタズラされることも有るかもということで、念のため。

 

 

ようやく、ホッと一息つけそうです。