農園サポーターとは?

 一般社団法人なかわり生姜山農園では、設立当初、中割地域の耕作放棄地の活用を目指して、交流農園を運営しておりました。

 

 これらの農園の運営は、地域住民を中心に結成されている一般社団法人会員だけでなく、 「農園サポーター」として募集をした市街地や島外などに住むメンバーでスタートさせました。

 

 2011年に最初の一歩として手作業で畑にした第一農園(約5畝)に続き、2012年は2反の第二農園を開園させました。その後、2015年まで毎年、植え付けや収穫まで皆で行ってまいりましたが、2015年の天候不順による大不作と日々の管理を行うメンバーの高齢化に伴い、2016年より、契約農家との取り組みに変更させました。

 

 現在は、設立当初から掲げている「農薬や化学肥料を使わない持続可能な栽培」という理念を守り、自信を持ってお届けできる生姜を栽培してくれる農家さんを増やすことを目指し、サポート体制の強化を行っております。

 

 つきましては、「島暮らし×農」体験として、農作業など、農園活動の研修生を募集しております!

 

 また、契約農家さんの生姜畑視察や農作業体験を希望される方は、お問い合わせ欄からご連絡いただくか、一般社団法人なかわり生姜山農園事務所までご連絡ください。

 

 tel/fax:0997-23-8881

(10時〜17時:農園作業の場合は、留守番電話になっております。)